伸び悩んでいる野球選手には、表面的な技術の問題ではなく、根本的な解決を考えてほしいです。

「ヘッドが下がっているから打てない」

「体が開くから打てない」

伸び悩んでいる選手が、それらを解決してもすぐにまた別の問題が発生します。

野球業界は、伸び悩んでいる選手に対するアプローチに対し、表面的な技術的解決を求めすぎです。
ヘッドを上げたからと言って、体を閉じたからと言って、その選手が本当に上手くなると思っているのでしょうか。

伸び悩んでいる選手こそ、もっと抜本的な野球センスの向上に取り組むべきタイミングに面しているのです。

伸び悩んでいる選手は、様々な練習法を取り入れてみてください。
例えば、野球のバッティングばかりするのではなく、

・木の棒でボールを打ってみる
・割り箸でピンポン球を打ってみる
・手でスポンジボールを打ってみる

などです。同じバットで一つの動きばかりしているから、「ものを打つ」という行為の能力が向上せず、少し速い球や難しいコース、変化球がくると対応できなくなるのです。

大事なのは、打撃センスを上げることです。大丈夫、野球のセンスは生まれ持って決まるものではありません。

今回は、伸び悩んでいる選手が野球センスをアップさせ、「練習を重ねるほど上手くなっていく選手になる方法」についてお話をします。

 

一つの動きばかり練習しない

伸び悩んでいる選手(野球センスの低い選手)に多いのが、「一つの動作ばかり練習する」と言うことです。
例えば、バッティングであればひたすらティーバッティングをしようとします。これは野球界の悪い風潮だとも言えます。

ひたすら同じ動作を繰り返したところで、野球センスは上がらないし、対応力のある選手になることはありません。
伸び悩んでいたり、スランプに陥っている選手は、一旦ボールを打つということをシンプルに考えてみてください。
これはバッティングだけに限らず、守備、ピッチングにも言えることです。
これまでの野球の動作以外の練習も取り入れてみてください。

スポンジボールでノックを受ける。硬式で受ける。軟式で受ける。ピンポン球を取る、ドッジボールを取る。なんでもいいのです。

 

脳にたくさんの動作、パターンを覚えさせる

なぜ一旦野球のバッティングから離れるかというと、脳にたくさんのパターンを覚えさせるためです。

センスのある選手というのは、つまり脳でたくさんのバッティング(守備)パターンを記憶しているのです。だから変な球も打てるし、速くても曲がってきても対応できます。
野球のバッティングばかり練習している選手は、決まった動作しかできないため、なかなか対応力がなく、伸び悩んでしまうのです。

色んなものを使って色んなものを打つこと

戦術した通り、伸び悩んでいる選手は、実際の野球から少しだけ離れて、変わった遊びを取り入れてみましょう。
大まかなポイントは「色んなものを使って色んなものを打つこと」です。

これで野球センスが大幅にアップします。

これらで身につけた能力をバッティングに活かしていきます。
バットで野球のボールを打つことなんて案外簡単だということが実感できます。

具体的な練習法をもっと知りたい方はこちら

伸び悩んでいる選手の打開策は以上になります。

・さらに具体的な練習法
・どんなものを使ったらいいのか
・どのように、どんな風に打つ練習法があるのか

これらを知りたい方は、動画で詳しく解説しています。

野球の現場であまり言われない方法だと思います。しかし野球界の現場は間違ったことばかりです。
下手な選手や上手くいかない選手に「もっとこうしろ!」と延々に言い続けてもその選手が変わっていくことはあるでしょうか。

またすぐに他の課題が出てくるはずです。

「なぜこのような普通ではないアプローチを取るのか」
「野球のセンス(才能)をアップするにはどうしたらいいか」

脳科学に基づいた野球の上達法をもっと多くの方に知っていただきたいです。

 

【関連】

 

おすすめの記事